わくこどもクリニック|神戸市北区、道場南口駅前の小児科です。診療、予防接種、乳幼児健診のご予約も可能です。

定期的にベビーマッサージを開催しています

小児科受診

好評につき定期開催することになりました。
【対象】:生後2か月~1歳までの元気な赤ちゃん
【場所】:わくこどもクリニック 待ち合いホール
【日時】:毎月第3木曜日(都合により変更もあります)
     午前10時~午後12時
    (気候や感染症の問題から8月と冬期《12月~3月》は
     開催を控えます)
【注意】:当日は通常の診療や予防接種は行っておりません。あらかじめご了承ください。
【料金】:無料
【持ち物】:バスタオル 飲み物(ミルク 母乳 お茶etc)
【定員】:10組程度
【申し込み方法】:予約システムからの予約が可能です。≫ご予約はこちら
予約システムからの予約が入らないなどのお問い合わせは・・・078-951-8989
(診療時間内のみの対応で、処置などでスタップが電話対応困難時は折り返しご連絡させて頂くこともございます。ご不便をおかけしますがご了承ください。)

ベビーマッサージとは?

小児科受診

お母さんと赤ちゃんの絆を深める
ベビーマッサージはお母さんが赤ちゃんに愛情を伝えるスキンシップの一つです。赤ちゃんにとってお母さんの手は「魔法の手」。 お母さんに触れられるだけで心が安心して、愛されている幸福感に満たされます。お母さんにとっても、ベビーマッサージを行うことで、赤ちゃんと穏やかな時間を過ごすことができます。お母さんも赤ちゃんも、楽しみながら行いましょう。

ベビーマッサージの効果

小児科受診

赤ちゃんの健康に
ベビーマッサージとは、赤ちゃんの肌を優しく撫でてあげることを言います。肌を撫でてあげることで赤ちゃんの皮膚が刺激され、血行が促進さます。また、マッサージによる適度な圧力は、赤ちゃんの筋肉の発達を促します。マッサージでリラックス効果が高まった赤ちゃんはよく眠ることができるので、夜泣きでお悩みのお母さんにもベビーマッサージはオススメです。

赤ちゃんとの絆づくりに
ベビーマッサージを行うことで、赤ちゃんとお母さんはスキンシップを取る事ができます。お母さんが愛情をこめて触れてあげることで赤ちゃんはとても安心し、心が満たされます。この時、赤ちゃんには幸福ホルモンといわれる“エンドルフィン”が分泌されています。エンドルフィンの分泌は、赤ちゃんの全身に幸福感をもたらします。

お母さんへの効果
赤ちゃんと肌と肌で触れ合うことで、お母さんにもオキシトシンという愛情ホルモンが分泌されます。オキシトシンには情緒を安定させる効果があるので、ベビーマッサージを行うことでお母さんの日頃のストレスも緩和されます。

Copyright© 2015 Waku Children's Clinic All Rights Reserved.